オクトパストラベラー感想その30 アーフェン編3章:命の選択

前回のあらすじ:罪を償うと言うミゲルの言葉を信じ一晩中治療をするアーフェン。アーフェンの善意は通じるのか…!?

峠を越え少し寝てしまったアーフェン。
起きるとミゲルがいない。

どこ行ったんだアイツ…
凄まじく嫌な予感しかしない…

命を救った代償

アーフェン&ハンイットのパーティーチャット

現状から、ミゲルが起き上がれるほど傷が回復した事は間違いないと考察するハンイット。

あの大怪我を短期間で立ち上がれるほどまで治した事に、立派な薬師だと言います。

褒められてくすぐったがるアーフェンに素直に受け取れとハンイット。
でもまだ終わっていない。最後まで見届けないとと言い、ミゲル探索に戻ります。

町の入り口に近い広場にてミゲル発見。

子供を人質に取ってるんですが…

大声で威嚇しながらお金を要求しています。

クズ過ぎる…
傷は治せても心までは治せないってやつか…

リヴィエラの森に金を持ってこいと言い残し去っていきます。

怒りを露わにするアーフェン。

子供を助けるため、そしてけじめをつける為にリヴィエラの森に行きます。

その姿を無言で見ているオーゲン。

ここでパーティーチャット発生。
アーフェン&オルべリク

最悪の事態に半狂乱になっているアーフェン。

落ち着けというオルべリクに、落ち着けるかよ!俺がミゲルを信じたばっかりに!
と訴えます。

そんなアーフェンに重ねて「落ち着け。まずはその子供を助けるのが先決だ」と諭します。

その言葉に「そうだよな…すまないと」、何とか少し落ち着きを取り戻します。

こういう時はお互い様だとフォロー。

そんなオルべリクに重ねてお礼を言います。

流石オルべリク。

VSミゲル

森の奥を目指しますが雑魚敵が強い。
苦戦しつつミゲルがいる森の奥へ。

苦しんでいる少年。

泣き止まないんで刺しちまったと言うミゲル。
なんなんだこいつは(#゚Д゚)!

本物のクズだったのかよ!と怒るアーフェン。
子供の為と言う話も嘘だったと判明します。

あんたのおかげでもうひと稼ぎできると笑いながら言います。

アーフェン
「認めるぜ。」
「…これはてめえを治してやった俺の責任だ」

戦闘開始!

十字槍のダメージが中々キツイ。
しかも戦闘中に弱点を変えてくるタイプです。

弱点を変えても2~3人は弱点をつける攻撃を持っていたので助かりました。

アーフェンが「おかわり」と「ラストアクト」を習得してたのも大きかったです。
オルべリク辺りも履修させようかな…

そして3章初ボス撃破!

俺がこんな所で…と言い残し倒れるミゲル。
急いで子供の応急処置をします。

一瞬ミゲルの方を見ますが、首を振り少年だけを連れ帰ります。一度は助けた相手を見捨てる…相手がどクズでも複雑な心境でしょうね。

数日後、少年も無事に意識が戻ったようです。
少年が最悪の事態にならなくて良かった…

オーゲンの過去

町の出口でオーゲンとまたも再開。

ミゲルを助けた事で少年の命を危機に晒し、ミゲルも結局はああするしかなかった事でどうすれば良かったのか答えが出せないアーフェン。

アーフェン
…俺は間違ってたのか?…甘かったのか?

オーゲン
「人生は取捨選択の連続だ。」
「薬師も同じ…何を救い捨てるかが重要だ」

そして君はその選択を見誤ったのだ…
そう言われます。

私も君のように、
かつては選ぶことができなかったと…

そして自分の過去を話します。

昔は全ての人を救おうとしていたオーゲン。

しかしある罪人を救ったため、その罪人にオーゲンの奥さんが殺されてしまった…

生かすべきではない命を救ってしまったとその事件から悟ったオーゲン。

そんな事があったらこうなるわ…

オーゲン「その両手良く考えて使うことだ。

「かつて君と似た薬師がいたな」そう言い残しオーゲンは去っていきました。

恩人さん…あんたならどうした…

泣きそうな声で空に問いかけるアーフェン。

迷いを抱えたまま次はクリフランド地方オアウェルを目指します。

アーフェンにとっては試練のような章でした。
最終の4章で彼なりの答えが出ると思うのでそれが楽しみです。

罪人の命…豚箱送りにしてから治療するのが一番良いんでしょうがやっぱり出所した後に犯罪とかしたら同じような事なので、最終的には選ぶ必要性が出てくるのでしょうね。
でも改心できる人間かクズかは判別不可能…

それでも助けるのがアーフェンだと思いますが、納得できない部分にどう決着をつけるのでしょう。

アーフェン的にオーゲン理論は納得できるけど納得いかねぇって矛盾を孕んだ状態だと思いますので。

今回の進捗

アーフェン3章クリア

次回:オクトパストラベラー感想その31 オルべリク編3章:騎士が見つけた剣の意味
前回:オクトパストラベラー感想その29 アーフェン編3章:瀕死の患者の正体は…

コメント