オクトパストラベラー感想その28.5 世界の人々とサブストーリー2

前回のあらすじ:全員の2章を終えたテリオンご一行は少しだけサブストーリーの旅へ。

道中攻略したサブストーリーを記載します!
量が膨大なんでもうちょっとこまめにチャレンジしていきたいですね。

inセントブリッジ

●「拾われ子メリル(2)」
町に入って早々女の子が兵士に絡まれてます。

あら。メリルちゃんじゃないですか!

堕ちた兵士と言う名前の男は、俺が落ちぶれたのは貴様らのせいだと絡んでいます。

闇落ち兵士を黙らせなければ…
とりあえずけしかける

なかなか耐久がある兵士。
持っててよかったブドウ。

闇落ち兵士撃破!

メリルが手がかりにしていた手紙の刻印がジェラスター家のものらしく…

彼はこの家に仕えていたため望まぬ戦争に巻き込まれ、以降ジェラスター家に恨みを抱いていたようです。

ちなみにジェラスター家は川上の名家らしいのですが、戦争で滅んでしまったようです…

メリルの生い立ちを話すと動揺する兵士。

謝るメリルに、お前は幼い頃両親と離れ離れだったのだろうとフォローします。

そして…
ジェラスター家は滅んだが何処かへ隠れ住んだ者がいるという情報を教えてくれます。

川上を目指すメリル。

戦争で滅んだ名家とはまた訳ありそうな…

●「巡礼者をねらう卑怯者」
セントブリッジ大聖堂の司祭に話しかけると、どうやら悩みがあるようで。

最近巡礼者を狙ってお金をせびる輩のせいで、巡礼者が減ってしまって困っているようです。

まかせろ!

町から出てすぐの所に金をせびってくる男がいたので「試合」で退治します。

職を失って一文無しになったからああするしかなかったと卑怯な男。

今後は心を入替えて真面目に働くと言います。

その言葉に二言はありませんね?
と司祭様が登場。

大聖堂の清掃の仕事を紹介してくれました!

大聖堂清掃の仕事なんて条件良さそう!

自分は掃除大好きなので、大聖堂での掃除の仕事とかちょっと憧れますね…!

●「心配性の男」
セントブリッジの木製の橋の上にいる男が、川の水かさが増えたことを心配しています。

安心させるにはどうしたものか…

町を出て、東セントブリッジ川道を歩いていると勤勉な学者さん発見

果ての海岸ダンジョンの近くですね。
アーフェンで「聞き出す」と「早めの雪解け」情報を入手できました!

さっそく心配性の男に教えてあげます。
雪解けとわかり安心した男は喜びます。

一件落着!

●「流れ着いた死体」
東セントブリッジ川道の川辺で、追剥にあった死体を発見し、困っている人を見つけました。

身元不明。
目立った特徴は手の甲の大きなほくろ。
きちんと弔いたいけど…と男の人。

場所は変わりヴィクターホロウ道具屋前。
手の甲に大きなほくろがある夫が帰ってこないと言う女の人が。
見かけたら連れて行って欲しいと言います。

旦那さんはもう…(´;ω;`)

例の現場まで「導く」で導いてあげます。

旦那さんのフーゴ―で間違いないそうです。

泣きだす奥さん。

死体の中には名無しのまま葬られる人も多いから、奥さんに再会できて良かったと男の人。

ヴィクターホロウとセントラルブリッジはかなり距離がありますからね。

その後、ヴィクターホロウに戻った奥さんに励ましの手紙を送ってあげる男の人。

フォローもばっちりとは出来た人だ…

inスティルスノウ

●「聖火騎士マイルズ(2)」
スティルスノウで聖火騎士のマイルズと再会。
野盗と戦って苦戦した事で実力不足を痛感したマイルズは稽古を付けてほしいと頼みます。

良いでしょう!

オルべリクで「試合」します。
思ったよりあっさり撃破。

何か掴めた気がするとマイルズ。
そこにほがらかな男性が話しかけてきました。

以前助けてもらった聖火騎士に似てるとか。


父の足跡をたどっていたマイルズは当然反応。

男はマイルズ父の事を英雄だと言います。

男性の村が魔物の群れに襲われた時に。何と彼のお父さんは一人で戦ってくれたそうです。

父は敵前逃亡する人間ではない!
と再度確信するマイルズ。

真実を明らかにするために彼の旅は続きます。

●「暖かい発明」
酒場の隅に発明家の男の人がいました。
彼は手軽に持ち運べる暖炉を発明中だそうで。

でも材料が3つほど足りないようです。

「手頃な木炭」「手頃な麻殻」「手頃な金属製容器」を入手してきてあげましょう。

全部村の人が持ってましたので頂きます!

材料を発明家に渡すと…
懐を暖められる装置を完成させます!

より皆が安全に暖かく過ごせると嬉しそう。

発明家さんがカイロって言ってたのでそれらしいものがないか調べてみたら、「白金触媒式カイロ」と言うのがイメージ的に近そうでした。

●「若者の旅立ち」
酒場の前にいる女の子がとても悩んでいます。

村を出て歌い手になるのが夢な彼女ですが、父親が駄目親父で借金を返さないといけないしこんな状態で自分だけ夢を追うことはできないと言います。

これは許せませんね!

酒場にいる駄目親父をどつきに行きます。

話かけると…なんと駄目親父
娘が稼いだら返すから金を貸してくれ
と言ってきます。

甘ったれんな!( `д´⊂彡☆))Д´)パーン
※一応「試合」してます。

やられて荒れる男の元
そんな中、金貸しの男登場。

あんたも災難だったね。こいつも昔はこうじゃなかったんだと金貸し。

商売に失敗して破産してから腐ったようです。
今からやり直すなんて…と駄目親父。

それを聞いて、今からでも遅くない!
やり直せ!と助言してあげる金貸し。

こうして駄目親父は改心し、真面目に働くようになりました。
娘さんも昔に戻ったみたい!と喜んでます!

これで心置きなく夢を目指せますね!

inヴィクターホロウ

●「賭けの下調べ」
闘技場前行くと…
賭けに負けてボロ雑巾状態の博徒がいます。

次の試合には絶対勝ちたいから選手の調子を調べてくれと依頼されました。

対象の選手は「地元の剣士エスタダス」と「雪国の槍遣いモンドゥール」の2人です。

アーフェンで聞いてきてあげましょう。

モンドゥールは絶好調のようですが、エスタダスは地元の声援が重圧になって緊張しすぎているようです…でも期待には応えたいと思っているようです。

その情報を聞き賭ける選手を決めた博徒の人、闘技場へ向かいます。

勝ったのは…

調子が芳しくなかったエスタダス…!

彼はどうなったのかと思いきや…

喜んで出てきました。

地元の期待に応えたいと言うエスタダスにぐっときたようで、彼の方に賭けたようです。

エスタダスは地元の声援に押されて逆転勝利だったようです。

調子より想いの方が強かったと言う事ですね。

●「魔物使いの末裔アシラン(2)」
闘技場の近くでアシラン発見。

剣闘士の人が持っている魔剣「大蛇殺し」なら父に憑いている大蛇を倒せるかもと思い、持ち主に交渉したようですが断らたようです。

仕方ないので我々が入手してあげよう!

闘技場の前にいる男が持っていたので頂き!

アシランに渡してあげると、これで父を蛇の魔物だけを斬って父を助けられると喜びます。
彼の父は、魔物から村を守るために禁断の秘儀に手を出してしまったようです。

そして父を探す旅に再度出発します。
次で最後でしょうかね。
結末が楽しみです。

●「剣闘士への憧れ」
酒場の前にいる疲れ切った剣闘士を少年が影から見守っています。

どうやら彼は剣闘士に憧れているようですが、見られてるおじさんは剣闘士なんて危険なだけだから諦めさせたいと言います。

どうすっかね…

近くの人々に聞き込みをしていると、少年の叔母さんが「剣闘士の父親」という情報を持ってました。

彼の父親に関する情報のようですね。

疲れ切った剣闘士のおじさんに教えてあます。

少年の父親は剣闘士で戦いのため亡くなってしまったようです。

しかも母親も後を追ってしまったとか…

少年は、剣闘士だった父と俺を重ねてるのかもしれないなとおじさん。

無下に扱うのも可哀そうだと言い、父親のかわりになろうと決心します。

物陰で見守っている少年に声をかけて遊んであげる疲れ切った剣闘士。

その後、少年が良く笑うようになったと嬉しそうな叔母さんや、「おじさんだいすき!」と嬉しそうな少年の姿を見ることができました。

めでたしめでたし。

今回の進捗

・サブストーリー系:総計27個クリア
今回:「拾われ子メリル(2)」「巡礼者をねらう卑怯者」「心配性の男」「流れ着いた死体」「聖火騎士マイルズ(2)」「暖かい発明」「若者の旅立ち」「賭けの下調べ」「魔物使いの末裔アシラン(2)」「剣闘士への憧れ」

次回:オクトパストラベラー感想その29 アーフェン編3章:瀕死の患者の正体
前回:オクトパストラベラー感想その28 オルべリク編2章:剣士の迷い

コメント