オクトパストラベラー感想その2 テリオン編1章:執事とお嬢様

前回のあらすじ:屋敷の侵入に必要な信用状を入手!

早速レイヴァースの屋敷に行きます。

屋敷への侵入

当然のごとく疑われます・・・まぁ怪しいですよね(;・∀・)
フルボイスなんで、商人の演技の際に声色を変えてる所におおっ!てなりました。

テリオン
「ですが…わたくしはお屋敷に呼ばれてきたわけで。それを追い返したとなれば2人が叱られやしませんか?」

それでも疑ってくる衛兵(仕事熱心だな)。

「(追い返したとなれば)いやはやレイヴァース家の方がどういう処置をなさるか」

衛兵もこの台詞に陥落して通してくれました。
流石盗賊。演技が上手い。

屋敷内の探索と初戦闘


ここから敵が出現!遭遇はランダムエンカウント方式です。今後ガッツリ探索するときはエンカウント率低減系のものが欲しいところ。

ブーストでスピード感、ブレイクで爽快感があるので良い感じですね。とりあえずは弱点を突いて殴りまくる戦闘方法で行こうと思います(脳筋)

宝箱も一通り開けたのでさっそくお宝を拝みに行きましょう!

VS執事

お宝を発見しましたが台座がスカスカ…?そして現れる謎の執事。

お宝は盗賊をおびき寄せるための罠だったそうです。酒場の店主はグルだった模様。

さっそくヒースコートと名乗る執事と戦闘になります(初ボス戦!)

で…でかい

…やはり執事只者ではない。

弱点属性でひたすら殴る脳筋作戦で難なく撃破!

勝負には勝ったのですが、なんと「罪人の腕輪」というものをつけられてしまいます。

別名「愚か者の腕輪」と言って、盗みをしくじった間抜けにつけられる屈辱の証だそうです。

そっそんなー(´・ω・`)

外すには取引に応じろと迫られます。
理不尽!

ここで当主のコーデリアが登場。

奥のお宝はレイヴァースの家宝である「竜石」というもので、本来なら4つあるそうで。
一時は全て奪われてたものをヒースコートがなんとか1つ取り戻してきてくれた模様。

腕輪を外したければ行方不明の竜石3つを取り戻してこいという事のようです。
(罪人の腕輪なんてものつけられたら取り戻すための旅もしずらそうなんですが・・・)

次は竜石探しという目的ができました。

新たな旅立ち

いろいろひと段落してまずは酒場の店主に文句を言いに行きます。

店主「ああ言えば逆に必ず行くだろうそうおもいましてね・・・いかがでしたか?

掌で転がされている感じが凄いw
過去の経歴が非常に気になりますね。

竜石探しのために町の外に出ようとすると、コーデリアとヒースコートが見送りに!

赤竜石のヒントとコーデリアから気遣いの言葉を頂きます。(お嬢様いい人っぽい)

なんだかんだでテリオンも依頼についてはまんざらではなさそうですw

今回の進捗

・テリオン1章クリア
・新たな目的:3つの竜石探し

次回:オクトパストラベラー感想その3 ハンイット1章:師匠について+探索
前回:オクトパストラベラー感想その1 テリオン編1章:屋敷の宝

コメント