オクトパストラベラー感想その15 トレサ編2章:新たな目的

前回のあらすじ:地主に連れ去られたアリーを助けに行きます!

モーロックの屋敷へ

地主の屋敷を目指そうと意気込んでいると、トレサ&テリオンのパーティーチャットが。
テリオン&トレサ】

アリーを助けるのか?と問うテリオン。
そのつもり!とトレサ。

商売敵なのではと言われますが、悔しい思いはさせられたが恨みはないからと返します。
邪魔者が消えて好都合とは思ったりしないのかとさらに聞いてきます。

トレサ「そんな事思ったりしないよ!」

アリーはムカつくけど商売で勝たないと意味がない!と言います。
少し感心したと言うテリオン。

トレサは真っ直ぐな良い子ですからね!

 

それではモーロックの屋敷を目指します!

トレサのアビリティで「傭兵呼び」ってのがあるんですが、そのときの「お金に糸目はつけないわ!」ってボイスが凄く良いです(「良い風吹いてる~」も好き)

肖像画だらけの屋敷を探索し、地主がいる部屋へとたどり着きました。

VS地主と傭兵

クズ石もお金になって笑いが止まらんと調子づく地主。利益も右肩上がりの模様。

あの石は俺らが見つけたんだとアリー。
金の生る木を押さえたものが勝つ。それが商売の定石だ。

そうすれば木に虫が集まり勝手に金が転がり込んでくると言う地主。
ここを拠点に世界一の大富豪になると豪語。

トレサ「ちょっとまった!
部屋に突入!

わしの下で働く気になったかねと言われますが、もちろん断ります。

地主「もう少し賢明かと思ったが…」

大金で雇った傭兵はいい働きをすると自慢。
どうやらモーロックは前の地主を力ずくで追い出した過去があるようです。

モーロック
「土地も人の心も金次第。」
「金で動かぬものはない!」

現代社会においての真理ですね。

アリーも勧誘しますが、父親と同じことをするかもしれないから辞めておこうと言います。
地主によれば南の方ではアリー父は有名なペテンで、最後は友人の借金を肩代わりして破産したそうです(ペテン師が借金の肩代わりなんかするかな?)

親父は人を騙してなんかいないとアリー。

だが地主にこの世界では儲けたものが正義だこの二流め!と言われ蹴られます。

トレサキレる。

トレサ
いくら大金持ちだからって人を馬鹿にする権利はないわ!
それに人を騙してるのはあなたの方じゃない!金鉱石を安く買いたたいて不当に利益を独り占めして!
いいぞ!言ってやれ!

トレサ「そうは問屋が卸さないわよ!

図星を突かれ黙る地主。

金の力を思い知るがいいと言い、傭兵のオマールをけしかけてきました。

途中でシールドポイントが増えますが全員弱点をつけるので苦労しなかったですね!

途中で「報酬分は働こう」と溜め攻撃的アクションをしてきますが、ブレイクしてしまったのでどんな攻撃がくるかは見れなかったです(ちょっと残念)。

金より力が勝ったな!


トレサ
撤回するのよ!アリーのお父さんのこと!

もう勝てないと悟って全力で謝ってくる地主。
この町から手を引けと言いますが、それは流石にと食い下がります。

商売は引き際が肝心よ!潔くなさい大損こく前にねと戦闘の体制に入ります。

モーロック&オマール逃亡

トレサ強い…!

大競売目指して

一件落着!
借りができちまったなというアリー。
いつか返してくれるそうです。

アリーのお父さんについてですが、その商才に嫉妬した同業者にペテン師との噂を広められてこうなってしまったようです。

友人に騙されて借金を抱えたのも本当だそうです(´・ω・`)

父親のやり方で大金を稼いで持って帰るのがアリーの目標のようです。

お別れの前に「大競売」の情報をくれます。

大競売とは商人の祭典だとか。
グランポートで開催されるようです。

そしてそこでは何でも手に入るとか!
アリーはそれに出るのを目指してるようです。

大競売に興味を惹かれるトレサ!
トレサ「私も目指すわ!それ!

良い目標ができたと喜びます。
次は大競売のお宝さがしですね!

そのためにトレサは手記に載ってるヴィクターホロウを目指します。

今回の進捗

トレサ2章クリア
クオリークレスト付近で盗公子の祠発見

次回:オクトパストラベラー感想その16 アーフェン編1章:薬師が抱く夢
前回:オクトパストラベラー感想その14 トレサ編2章:ライバル登場!

コメント