オクトパストラベラー感想その14 トレサ編2章:ライバル登場!

前回のあらすじ:サイラス編が終わったので、同じクオリークレストで進められるトレサ編進めていきます!

一人前の商人を目指して旅に出たトレサ。
名無しの旅人の足跡を追って鉱山の町クオリークレストにやってきました!

手記を読み返すと、旅で得られるものは星の数ほどあるが中でも格別なのは人との出会いであり、昨日までと違う人々と出会うことで旅人は成長するとあります。

新しい商売

町を見て回ると金を見つけたと喜びの声が!

本当に金が出るのねと感心するトレサ。
商売になりそうな予感を感じます。

周りが騒ぎ出したと思ったら突然モーロックという地主が現れました。
どうやら金の利権をこの地主がもってるようですが、出たものは適正価格で買い取ってあげているらしいです。だから安心して採掘に励んでくれと言っています。

地主ががっちり利権を抑えてるので金の売買は諦めます。

他に商売になりそうなものを探していると…金が出ないと嘆いている出稼ぎの男が。
トレサはその男が持っているクズ石に目を付けます。

説明文によると丁寧に磨くと輝きが出るらしい

トレサは欲しかった石が手に入り、出稼ぎの人はクズ石が売れて皆ハッピーですね!

予想通り、磨くと綺麗に輝きだしました。
喜んでいると「おたくやるねぇ」と何者かから声をかけられます。

声をかけてきた少年も同じ石を持ってます。

旅の商人でアリーという名前だそうです。

実はこの石、碧閃石といって見た目はクズ石ですが研磨しつづければ一級品の宝石に化ける代物のようです。

流石トレサ!

なぜかもやしと言われ、せいぜい頑張りなと言い残し彼は去っていきました。

広場で碧閃石を売ります
好評につきあっという間に売れちゃいました!

トレサ&サイラスのパーティーチャット。

碧閃石か良いところに目を付けたねというサイラス先生。流石先生物知り。

ただ鉱石の種類として知ってはいたが、あのクズ石だとは思ってもみなかったそうなので、トレサの鋭い商人の勘とも言うべき観察眼を称賛します。照れるトレサ。

自信があったわけじゃないけど、なんでもまずはやってみないと!と言います。
トレサのこういうとこ大好きです!

完売したのでまた石を買い付けに行きます!

3つほど仕入れられました。
商売再開!

さっきのように順調にと思いきや…隣にアリーが店を出しました!

な…なんて奴だ…

しかも隣より安くしとくよと売り文句。

口八丁にお客の心をつかんでいきます。
お客全員強奪されました(´・ω・`)

アリー完売。
おや?お隣さんはずいぶん寂しいな。
挑発してきたぞコイツ(# ゚Д゚)

負けを認めるトレサ。
トレサ、アリーのセールストークに舌ってあんなに上手く回るものなのねと感心します。

お客の心も財布の紐も言葉次第さとアリー。

それに対し、本当に良いものを見極めて提供するのが商人でしょと反論するトレサ。

脚色と言ってくれよ。お客も満足しているだろ?と返されます。確かに…

アリー
「商人は言葉が武器だ。
「覚えておきなもやし女。」

そういって去っていきました。
もやし…

トレサ&オフィーリアのパーティーチャット。

もう悔しいったらないわ!と言うトレサ。
オフィーリアもアリーの話術に驚いて感心していましたがトレサにどっちの味方なのと突っ込まれます(勿論トレサの味方ですよとフォロー)

あいつより稼いで見返してやるわ!
と燃えています。

その意気です!とオフィーリアも応援します。
自分が口上の練習をしてもあれほど上手くなるかなと不安そうなトレサ。
彼も沢山練習したはずですから練習あるのみですよと励まします。

やる気になったトレサ、オフィーリアをお客さん役として練習を始めようとしますw

アリーについて

お腹は減ってますが、今日は空振りだったから我慢しようとするトレサ。
すると向こうの方からアリーの声が。とびきり上等な肉団子を注文しているようですw

1つ奢ってやるよとアリー。

が、商売敵の施しは受けないと突っぱねます

ちょっと残念そうなアリー。
めげずにトレサにどうして商人をしてるのか聞いてきました。

両親が商人な事、一人前の商人を目指して今は旅をしているという事を話します。
すると俺の親父も商売人さとアリー。

商人マルフと言って南の方では有名だったそうです。「7色の唇」と言われてその話術で稼ぎまくったとか。

アリーの話術の上手さは父親譲りのようです。
話術と言っても嘘だけは絶対に言わないとの事。

父を見て、言葉は人を動かす魔法だと思ったアリーは父親のやり方で商人になることを決心したようです。

それでアリーはお父さんの後を継ぐんだと感心するトレサ。

が…家出したと打ち明けるアリー
いろいろあったんだとか…

和気あいあいと過ごしてると地主が。

碧閃石での商売に目をつけられたようです。

町での売買は全て地主が管理してるから碧閃石も今後はこちらで管理すると言い出しました。

横暴な態度に、地主が金を相場の1/10以下の価格で買いたたいてる事を暴露するアリー。

図星を突かれて実力行使に出る地主。
用心棒を使って黙らせようとします。

それに対しアリー。
自分は片手じゃ数えきれないくらい人も殺めてると言い応戦しようとしますが(超嘘くさい…)
瞬殺されてしまいました。

はったりだった模様…

連行されるアリー。

トレサから碧閃石を巻き上げ、わしの下で働くなら雇ってやらんこともないと言い残し去っていきました。

地主の横暴さに怒るトレサ。
次回地主の屋敷に乗り込みます!

今回の進捗

トレサ2章進行中

次回:オクトパストラベラー感想その15 トレサ編2章:新たな目的
前回:オクトパストラベラー感想その13 サイラス編2章:黒魔術的な儀式

コメント