ホロウナイト 探索記#20 緋色の炎と悪夢の王

前回のあらすじ:夢見の釘覚醒!

今回は本編から外れます!
追加要素のグリム巡業団を攻略します。

注※ネタバレ含む感想です!

グリム巡業団

風鳴りの崖へ。

コーニファーがいた場所から下にちょっと行った場所に壊れる壁があるので、壊して侵入。

見覚えのある石板。

この荒廃した地の広がりに終わりはない。

虚無の中を移動しようと試みる者は代償を払い、この王国がもたらす貴重な精神を放棄する事となるだろうと続けられます。

ふむふむ。

ハロウネストの王国の外にも地は広がっておりそれに終わりはない。だけれども、外の地を移動しようと試みる者は代償として王国がもたらす貴重な精神(理性?)を放棄する事となる…って感じですかね。

ブレッタちゃん大丈夫か!?

さらに奥に行くと謎の虫の死骸。


これは…いったい?
夢見の釘を当てると紅い光が弾ける。
その見た目はエッセンスにも似てます。

おや…隣の部屋の様子が…?
移動すると前になかった装置が。

紅い炎が吹きあがる。
そして流れる謎の音楽。

風鳴りの崖での作業は以上!

場所は変わってダートマウス。

結構派手な感じ。
サーカステントかな?
グリム巡業団はサーカス団?

一方住民の反応は…。

老いたムシ
あれをみたまえ!
奇妙で不気味なものが現れたと言う老いたムシ。まったく体に虫唾が走ると、不快感をあらわにしています(;・∀・)

早速団長に会いに行く。


グリム団長カッコいい(・∀・)!!
そして何か儀式をするらしい。

主人公の役割は、グリム団長の種族が集めている特別なエッセンス…夢の中で燃える炎を回収してくる事の様。

グリムの子というチャームが送られます。

緋色の炎を点火したことにより、巡業団と主人公の間で盟約が結ばれたみたいです。

とにかく炎を集めるんだな!!

別のテントにも訪問。


キャラが濃いお姉さまが。
何かを欲しがってる様子。

この方に「繊細シリーズ」のチャームを渡すと食べちゃいます。

返して欲しいと言うとジオをよこせと言われます(;・∀・)

しかも15000も要求するとは…。
ちなみに支払うと壊れなくなったチャームを返してくれます。

炎集め

相棒と一緒に炎集め。
地図に場所が出るので良心的。

追いかけると逃げるのが厄介…
近寄ってきたところを叩きます。

3つ集めてグリム団長に報告すると、もっと集めて欲しいとの事。

次この舞台に帰還する時こそ、主演目の幕開けとなるだろうと言います。

巡業団の長グリム

さらに3つ集めて帰還。
炎が集まりご満悦なグリム団長。

団長が指パッチンすると観客が!

私と踊れ、わが友よ。

格好良い音楽と共に戦闘開始。
音楽めちゃくちゃ良い!!!

モーションも早く攻撃パターンも多彩ですが、ダメージが1なので何とかなりそう。

最初はもちろんKO負。


記事にしようとした時、ろくなスクショがなくて真顔になりました。
かなりの強敵だったので仕方ないね…。

攻撃パターンは多彩ですが、変な挙動はないので繰り返し戦ってパターンを覚えます。

炎の蝙蝠飛ばしの時は殴る絶好のチャンスなので見逃さない。

アッパー・滑空・棘・炎玉飛ばしの時は回避に専念。命を大事に!

ついに苦戦の末団長撃破!


ダンスによりグリムの子が進化した様子。

そしてチャームスロットをくれる団長。

チャームスロット!
団長大好き!

終わったと思ったら団長が気になる台詞を。

グリム
闇に出てゆくがいい、最後の演目を残し、この舞台から去るがよい。

最後の…演目?
マップに戻ると新しい炎が出現。

最後の演目に向け再び炎を集める。

ちなみにグリム巡業団の結末は2つあって、バックアップを利用して両方見たので両方記載していきます。

追放エンド

新たに3つの炎を集めるために探索をしていると、彼方の村にてブラムと遭遇。

団長の緋色の目が届かないここで出会ったのは単なる幸運ではないと言うブラム。

主人公も巡業団もとても古い曲を構成する音の様なものだと言います。

「永遠に繰り返される犠牲と隷属の曲」
「儀式のため」
「巡業団のため」
「団長のため」

「永遠に終わらぬ曲は…」
もはや曲ではない

長を持たない主人公とブラムが力を合わせれば、この死せる王国を安らかに休ませることができるかもと言い、そうしたければ始まりの場所に来いと言うブラム。

言われた通り風鳴りの崖へ。


ブラム
碇を破壊し、団長を追放せよ!
「彼が二度とここに戻ることがないように!」


何だかんだで団長の事を思ってるブラム。
トーチを破壊。

静けさが訪れる…。
始まりの虫の死骸も消えてます。

ダートマウスに戻ると新しい住人が。

彼は二ムという名前らしい。
老いたムシも歓迎してます。
友情の証として陽気なメロディというチャームをもらえました。

彼は何者なのだろうか。

永遠に終わらぬ戯曲から解放された巡業団の姿なのかもしれない。

悪夢の王グリム

炎を全て集めると、眠ってるグリムに夢見の釘を使えるようになります。

鼓動と共に現れる団長。
その名も「悪夢の王グリム

演出凄い…。

各種攻撃モーションが強化。

そして被ダメ2です。

強くないわけがない。
あれよあれよと体力が削られ瞬殺。

何これぇ…。
覚えると回避できるけれども、被ダメが大きいのでミスると一瞬で消し飛ぶ感じです。

クリアできるのかこれ(;・∀・)

この時、団長と3時間以上もぶっ続けで踊ることになるとは夢にも思いませんでした(白目)


前回と同じく蝙蝠飛ばしの時はしっかり攻撃を叩き込む。火柱のときも余裕があれば攻撃!

滑空と突進攻撃の時は気持ち後ろに下がってから回避すると、避けやすかったです。

あと事故の元になるので、両端には寄らずなるべく中央付近をキープ。

棘攻撃の時、早めに対処できると迅速なるフォーカスで回復できるので装着。
ミスが多い自分は少しでも回復しないと体力がもたないのだ。

あとはひたすら戦って覚える。

音楽めちゃくちゃ良いです(現実逃避)

苦節数時間…死闘の末ようやくグリムを撃破!

コントローラーが汗で酷い事に。

最後にチャームの紹介。

強制装着のグリムの子は除外。

・長い釘
・迅速なるフォーカス
・壊れぬ力
・幼虫の歌
以上!

迅速なるフォーカス&幼虫の歌は体力回復のため付けました。
回復速度↑+被弾ソウル増

被弾が少ない人には必要ないですが、自分みたいな凡ミスが多い人にはお勧め。

壊れぬ力は火力確保。
長い釘はリーチ確保。

ちなみに悪夢の王グリムに勝利すると、ダートマウスから巡業団が消えチャーム「グリムの子」が完成します。

ちょっと成長してて可愛い。

あー達成感!

でも冷静に考えると、追放エンドの方がハロウネストにとっては良さそうなのは気のせいでしょうか(汗

次回は白い王宮に行きます!

今回の進捗

悪夢の王グリム撃破
次回:ホロウナイト 探索記#21 虚無の心
前回:ホロウナイト 探索記#19 光

コメント