ホロウナイト 探索記#15 王の刻印

前回のあらすじ:ノーマルエンド達成。

引き続き真エンド目指していきます!

注※ネタバレ含む感想です!

再会

真エンドを迎えるために、ある人物に会いに行きます!場所は王国のはずれ。

以前スルーしたホーネットですね。

涙の都以来の対峙。


真実に耐えるには強さが必要だと言われます。

ホーネット「あなたにその準備ができているか証明してみせて。」

この王国の過去を受け入れ、未来を背負う資格があなたにあるかしら?と問われます。

強さの証明はもちろん戦闘で!
再戦!ホーネット!

攻撃方法は緑の道の時とほぼ同じ。
各種モーションが速くなってる気がします。

素早くなるとやはり手強いですね…!

ダメージを与え続けると、針ボールを出す攻撃をしてきますが、なんと針で弾ける!

残しておくと、釘攻撃を避けるときに邪魔になるので優先して処理。

そしてホーネット撃破!

ホーネット
「なんという強さ…」
「その気になれば…あなたにはできるはず…」

だが、この王国の悲劇的な構造を知り、あなた自身の役割を知りながら…それでもあなたは釘を振るえるのかと問うホーネット。その自信があるならばやりなさいと言います。

先に進み、身体にあの印を刻み、王を名乗るがいいわ。」

涙の都で言ってた、灰に埋もれた墓とそれが与える刻印ってこの事だったのですね!

先に進むと巨大な脱ぎ捨てられた殻。


バードーンが言ってたウィルムの殻!

奥には例の刻印が。
その名も王の刻印。

この刻印を持つ者は新たな統治者としてハロウネストに迎えられると言う凄い代物。

そして王国の深部に至る門が開くらしい。
古代の穴の所ですね。

刻印を刻むと崩れだすウィルムの殻。

逃げられない…と思ったらホーネットが助けてくれました。


何だかんだで優しい。

この後バードーンに会うと、ウィルムの印を持っているなと言われます。

やはり皆が言ってるハロウネストの王=蒼白なる者=ウィルムのようですね。

死んだと言われてますが謎が多い王様です。

早速王の印をつかって、王国の最深部に行ってみましょうかね。

アビス

場所は古代の穴。

閉ざされていた扉が開く。

そこは深い深い穴。
どんどん下に降りていく。

地面はかなり下の方でした。

出てきたエリア名はアビス。


主人公によく似た形の死体の山。
現れる謎の影。
これも主人公によく似てるけど形は様々。

狩猟者の書によると、この影たちは同胞というらしい。

ここで大量の犠牲を出しながら器を作っていたのか…。そして器を作る過程の失敗作がここに放置されてると。

ソウルの聖域にしろハロウネストでは人体実験的な研究が多い気がする。

業が深いぞハロウネスト。
ハイブの女王ヴェスパが、ハロウネストの事を良く思ってなかったのも納得…。

左の方に行くと亡霊の叫び的なオブジェクトを発見。これは叫ぶしかない!

試しに叫んでみると…!

なんと魔法が進化しました。
その名もアビスの叫び!

強そう。

次は右の方を探索。
沢山の同胞達が側に寄ってくる(;・∀・)

同胞達を倒しながら進む。

一番左の方には意味深な像。
延々と流れ出る黒い液体。

とりあえず浸かってみる。
大丈夫かな…!?

すると突然変化が。

影の衣習得!!

なんとこの技を使うと、ダメージを受けずに敵の体や攻撃を通り抜ける事ができるように!

超便利。
各地にあった黒い壁もこれで越えられます。

これで探索範囲が広がる!

今回の進捗

王の刻印入手!
影の衣会得!

次回:ホロウナイト 探索記#16 勇敢な戦士
前回:ホロウナイト 探索記#14 ノーマルエンド:新たな器

コメント